トップ > 脱毛の基礎知識 > ムダ毛を自己処理すると肌トラブルが起きる?

ムダ毛を自己処理すると肌トラブルが起きる?

手軽にお手入れをお子なうことが出来ることから、自宅でカミソリや毛抜き、除毛剤などを利用して自己処理しているという女性は非常に多いです。しかし自己処理で行えるお手入れには限度があり、特に除毛は生えている部分しか処理することが出来ないので、カミソリや電気シェーバーの刃を繰り返し肌にあて続けることで肌荒れや肌の乾燥、色素沈着に寄る肌の黒ずみなど肌トラブルが起こりやすくなります。

お手入れの頻度を少しでも減らしたいと毛抜きを利用して一本ずつ脱毛を行う方法もありますが、根本からきちんと抜くことが出来ないと埋没毛による毛穴の炎症を起こしてしまったり、毛穴から複数の毛が生えてきてしまうなどの肌トラブルを引き起こす危険があります。

このようなお手入れを続けていると、肌質は確実に悪化して肌荒れによる乾燥や肌色の悪さなどの美しい素肌から程遠い状態になってしまうので、出来るだけ早めに辞めるようにしましょう。肌への負担を減らして自宅で自己処理をしたいのであれば、除毛をする場合は負担が少ない電気シェーバーで優しく処理をし、お手入れ後は肌の乾燥を防ぐためにも保湿ローションでアフターケアを行いましょう。抑毛ローションを利用すると毛が生えるのを抑えることが出来る効果があるので、併用することをおすすめします。

肌のコンディションを整えるためには、出来るだけ除毛よりも脱毛に切り替える必要があるので、ブラジリアンワックスを利用して脱毛を行ったり、家庭用脱毛器を利用するようにしましょう。最近ではエステサロンや脱毛サロンで実際に使用されているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が行える製品が販売されているので、自宅でも本格的なお手入れが可能になっています。

ただフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、照射を行ってからムダ毛が抜けるまで時間がかかるため、短時間で確実にケアを行う方法として、ワックス脱毛で一気に処理を行う方も増えてきています。

手軽にお手入れをお子なうことが出来ることから、自宅でカミソリや毛抜き、除毛剤などを利用して自己処理しているという女性は非常に多いです。しかし自己処理で行えるお