トップ > 脱毛の基礎知識 > 永久脱毛とは?光脱毛は永久脱毛なの?

永久脱毛とは?光脱毛は永久脱毛なの?

永久脱毛とは、脱毛の施術を受けたあと1か月経過した時点で、ムダ毛の再生率が20%以下であることと定義されています。ですから永久といっても、脱毛後に二度と生えてこないというわけではありません。

現時点で、ほぼ100%永久的にムダ毛処理できるのはニードル脱毛だといわれています。エステサロンで行われる光脱毛は、毛周期に合わせて施術部に特定の波長をもつ光を照射して毛根へダメージを与えるのです。

個人差などもあるのですが、何度も施術を繰り返すことで毛根部分の毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛の再生を止めるので永久脱毛に近い効果を得ることはできます。しかし厳密な意味では、永久脱毛とはいえません。

一方医療レーザー脱毛も永久脱毛の定義に当てはまる方法なのですが、完全にムダ毛がなくなるわけではないのです。日本では永久脱毛は医療行為であると定められているため、エステサロンで永久脱毛を行うと法律に違反することになってしまいます。

ムダ毛などの体毛が生えなくなる理由は、何らかの原因により発毛細胞が深く傷ついてしまい、成長がとまってしまうことにあります。レーザー脱毛や光脱毛どちらにしても、1度の施術で施術部分の発毛細胞はほとんど完全に死んでしまうため、再び施術部分からムダ毛が生えてくる可能性は少なくなるのです。

どちらの方法で脱毛を行っても、たった1度の施術ではダメージを与えられる細胞の数は非常に小さいものといえます。しかし長期間にわたって何度も施術をうけることで、次第にムダ毛が薄くなっていくということは考えられるのです。

医療レーザー脱毛よりは施術を受ける回数が多くなってしまいますが、光脱毛は比較的痛みが少ないとされている方法です。たとえ効果が現れるまでに時間がかかってしまっても、個人差があるとはいえほぼ永久脱毛に近い効果は得られるため、エステサロンでの光脱毛を選択する人も多くなっています。よりムダ毛をなくしたい人には、医療レーザーやニードル脱毛が向いています。

永久脱毛とは、脱毛の施術を受けたあと1か月経過した時点で、ムダ毛の再生率が20%以下であることと定義されています。ですから永久といっても、脱毛後に二度と生えて